スピーキングテストを受けてみた結果【DMM英会話体験談】

自分が今どのくらいのレベルなのか知るため、DMM英会話のスピーキングテストに挑戦してみました。
テストの流れや、受けてみた感想と結果です。

広告

スピーキングテストとは

レッスンの時間を使って、自分のスピーキング力を測るテストです。

通常のレッスンと同じように、DMM英会話のテキストを使って行います。
測定できるのはDMM英会話内のレベルで、2~8まで測定できます。
(DMM英会話のレベルは1~10の10段階評価です)

初心者用のテストと、初心者~上級者まで対応したテストがあります。
今回は初めてなので、初心者用のテストを受けました。

テストは大きく分けて5問あります。

  1. 単語と短い文の発音のテスト(2分)
  2. 少し長めの文章の発音と流暢さのテスト(5分)
  3. テスト2で読んだ内容について、英語の質問を聴いて答えるテスト(3分)
  4. 写真を説明するテスト(3分)
  5. 日常生活について話すテスト(7分)

1回のレッスンは25分のため、簡単な結果だけ最後に教えてくれます。
詳細な結果を知りたい場合は、講師と相談して別にレッスン予約を取る必要があります。
模範解答や、今後の勉強方法などをアドバイスしてくれるそうです。

講師を選ぶ際の注意事項

スピーキングテスト対応の講師からしか受けることが出来ません。
講師検索をする際は気をつけてください。

また、測定結果を一定にするため、毎回同じ講師で受けることが推奨されています。

テスト1.単語と短い文の発音テスト

単語が並んでいるので、順に読んでいきます。
その後に続けて短い文を読みます。
単語は全部で20、文は5つありました。

iKnow!で知った単語もあったため、読めないものはありませんでした。

結果は5点中3点…[少し発音間違いあり]でした。

テスト2.少し長めの文章の発音と流暢さのテスト

オバマ大統領がキューバを訪問した際のニュース記事でした。
比較的簡単な文章で書いてあったので音読することはできたのですが、
内容の理解があまりできませんでした(汗)
政治寄りの話は難しいです。。。

結果は5点中3点…テスト1と同じ[少し発音間違いあり]でした。

テスト3.英語の質問を聴いて答えるテスト

テスト2の文章の内容理解が問われます。
質問は全部で4つありました。

内容がほぼ理解できていなかったので、かなり苦戦しました。
一番苦戦したのが「記事の内容について、自分の意見を述べなさい」です。
解らないことに意見も何も言えないので
自分には難しくて理解できなかった。と答えて終わりました。

テスト後、オバマ大統領がキューバ訪問した日本のニュースを調べて読みました。
歴史的な事だったのですね。
うーん。。。これは内容を知っていても、英語で意見を述べるのは難しかったと思います。

結果は5点中2点…[質問には答えられたが間違いが多い]でした。

テスト4.写真を説明するテスト

秘書のような女性が窓際に立っている写真でした。
その写真について、4つの質問に答えます。

知っている単語とフレーズを駆使し、自分では結構答えられたつもりだったのですが
結果は5点中2点…[写真の説明は出来るが、とても簡単な単語のみ]でした。(泣)
そうですか。。。

テスト5.日常生活について話すテスト

3つの質問があり、全て自分の事についての説明をする内容でした。
自己紹介の詳細版って感じです。

言いたいことの単語が出てこず、簡単なことしか言えませんでした。
普段から自己紹介に力を入れていれば、しっかり答えられたかもしれません。

結果は10点中4点…[簡単な方法で答えられる]でした。

最終結果

合計は30点中14点、DMM英会話内のレベルは3でした。

1~10の内の3…自己紹介が出来るレベルだそうです。
まだまだこれからですね。

レッスンで使うテキストには参考レベルがついているので、
テストを受けることによって自分のレベルに合ったものが選べるようになります。

まだ受けてない方、また、これからDMM英会話を始めようと思っている方は、
一度受けてみることをオススメします。