レッスンがキャンセルになった【DMM英会話体験談】

初めて、レッスンがキャンセルになりました。
珍しいジャマイカ人先生だったので楽しみにしていたのに残念です。

広告

キャンセルは突然に

FF15の誘惑に打ち勝ち、レッスン予約。
ジャマイカ人先生はどんな人だろう。
優しいといいなー。など考えながら、テキストの予習をしつつ予約時間まで待っていました。

あと10分ほどで開始。。。というところで、スマホにメールが2件。

「レッスンキャンセルのご連絡」
「レッスンチケットを発行しました」

ガーン。。。

いや、まあ、前にあった10分遅れてきた先生よりよっぽど良心的かもしれないですね。

一気に緊張の糸が切れました。

ちなみに、キャンセル理由は「レッスン提供が難しい状況となったため」と書いてありました。

キャンセルになった場合

私は予約時に、講師都合でキャンセルになった場合は「プラスレッスンチケットを希望する」を選択していたため、レッスンチケットが発行になりました。
※レッスンチケットとは、プランで決められたレッスン回数とは別にレッスンが受けられるチケットです。

もうひとつの選択肢に「代替講師を希望する」というのがあるのですが、
自分で講師を選ぶことが出来ないため、こちらは選択しません。

誰が来るかわからないワクワク感を味わいたい方は、代替講師希望でもいいかもしれませんね(笑)
私の場合かなり初心者なので、そんなギャンブルはむりです。。。

DMM英会話のトップページ(マイページ)に戻ると、そこにもメールとほぼ同じ内容の
キャンセルのお詫びメッセージが出ていました。

レッスンチケットは有効期限あり

レッスンチケットが1枚追加されていましたが、どうやら有効期限があるようです。

pluslesson

有効期限は発効日から1ヶ月です。

私は1日1回レッスンのプランなので、そのうち2回受ける日を作らないと勿体無いのですが。
今のところ1回で疲れてしまいます。。。緊張で。
かなり気合を入れて臨まないといけないですね。

スカイプには怪しいアカウントからメッセージ

レッスンがキャンセルになった場合、メールやDMM英会話のページでキャンセルになったことがすぐ分るようになっています。

スカイプにも同様に連絡が来るのですが、
その連絡してくるアカウント名が「ENGOO Class Cancellation」

一瞬「?!?!」ってなりませんか(^^;)

メッセージの内容自体はメールやトップページの内容と同じなので、すぐにDMM英会話のものだと分ったのですが、
アカウント名にもプロフィールにもDMM英会話の1文字もないので、かなり怪しかったです(笑)

調べてみたら、「ENGOO」はDMM英会話の海外展開用の名前みたいですね。

Engoo Online English

サイトが日本のよりオシャレ!

2017-02-28 追記:
再びキャンセルがあったのですが、スカイプのアカウントが変わったみたいです↓

またもや講師都合によるキャンセルがありました。 ウガンダの先生 講師検索画面で、珍しい「ウガンダ」の先生がいたので興味本位で...

キャンセルになって思ったこと

キャンセルになってみて気づいたのは、何故かほっとする自分がいたことです。
まだまだ、かなり緊張してレッスンしているみたいです(;_;)
早く、気軽に話せるようになりたいです。