イレギュラーな先生【DMM英会話体験談】

今回はフィリピンの女性の先生を予約しました。
いつもとは違った流れに戸惑いましたが、最終的にすごく勉強になりました。

広告

予定より早くスタート

パソコンの前でレッスン時間を待っていると、予定の5分前にスカイプのチャットボックスにメッセージが入ってきました。
軽い挨拶だったので、すぐにチャットボックスに返すと、
なんとそのままビデオコールが?!

予定より5分早くレッスンが始まりましたが、
先生は特に何も触れず、普通でした。

予定より早く始まったのは、今回が初めてです。

自己紹介もイレギュラー

普段はレッスンの始めにお互いの自己紹介をします。
(ほぼ固定の決まり文句になりつつある)

今回も自己紹介の流れだと思ってたら
突然、「あなたの住んでいる都市はどこ?」「結婚している?」「職業は?」などの質問が飛んできました。

一瞬戸惑いましたが、普段使っている自己紹介のフレーズから使えるものを思い出し、
答えることができました。
結局、普段のような自己紹介の時間はなく、先生からの質問に答える形で自己紹介は終わりました。

特に何も考えず、ただ流していた自己紹介の時間だったのですが、
別の方向からのアプローチでいい刺激になりました。

トークが最高にゆっくり

今回の先生、トークのスピードが今までの先生の中で最高にゆっくりでした。
そこまでゆっくり話さなくても。。。というくらいに。

テキストが最後まで終わるか心配になるくらいに丁寧で、
1つの単語毎にゆっくりしっかり発音し、チャットボックスに意味を入力してくれました。

かなり初心者向けの先生です。
正直、私にすらゆっくり過ぎたのですが、そのおかげで何を言っているか解らないことはありませんでしたし、
単語の意味を英語で説明してくれたのが、すごく勉強になりました。

フリートークのお題もイレギュラー

普段はテキストの最後にフリートーク用のお題が4~5つ書いてあり、それに沿ってトークをします。
※ちなみに普段使っているテキストは「日常会話(初級)」です。

私は最近、フリートークのお題は事前に調べておき、google先生を活用してカンペを用意しておくのですが、
始めの質問がテキストにないもので、かなり戸惑いました。

うまく答えられず、単語を並べてなんとか伝えようとしていると、
私が伝えたいことを推測してくれ、チャットボックスに「こう言えば良いよ」と入力して教えてくれました。

その後も、テキストのお題だったり、違う質問だったり、気が抜けないフリートークでした。

結果的に勉強になった

事前にテキストを予習し、自分なりに文を組み立てておくのはもちろん勉強になるのですが、
レッスンの時間にはただカンペを読むだけになってしまいがちです。

今回の先生は普段と違う流れでレッスンしてくれたので、
用意していたカンペを、違う角度から伝える工夫をする事ができました。

また、フォローもバッチリでチャットボックスを沢山活用してくれたので、後で読み返して復習することができます。

またレッスンを受けたい先生のひとりになりました。